スポンサードリンク

JavaScriptからデータベースを利用

通常Web上にシステムを作る時はプログラミング言語とデータベースを組み合わせて使います。プログラミング言語にはPHP、JAVA、CGIなどが使われ、データベースにはMySQL、PostgreSQLなどが多く使われています。

JavaScriptはどちらかというと他の言語をブラウザ上でサポートするような使われ方をします。最近はAjaxなどが注目されていますが、その場合もデータベースにはPHPなどでアクセスし、PHPをJavaScriptで呼び出すような形です。

しかしローカル環境で自分だけで利用するシステム程度なら、JavaScriptとAccessの組み合わせはとても便利です。JavaScriptはブラウザがあれば利用できるし、AccessはMySQLやPostgreSQLに比べるとインストールや操作も簡単です。

またJavaScriptの実行にブラウザを使うということは、既にネットにつながっているということですので、Web上のデータをAccessに保存するようなことができるようになります。

例えばJavaScriptを使ってRSSを取得し、データをAccessに蓄積することができるのです。蓄積されたデータはAccessのクエリやレポートで活用できます。

JavaScriptを主役にしたシステムを作ってみましょう。


これから先はAccess、SQL、JavaScriptの知識が必要ですので、Accessを使うのが初めての方は、関連サイトを先にご覧ください。Accessの機能が一通り学べます。

できれば以下の順番で学んでいただけたらと思います。どれも私が作った関連サイトです。
1.Microsoft Access初心者入門講座
2.Access SQL初心者入門講座
3.JavaScript初心者入門講座(この講座です)

スポンサードリンク






JavaScript初心者入門講座TOPへ