スポンサードリンク

余りを求める課題

今回はJavaScriptの計算機に「余りを求める」機能を付け加えてみましよう。ヒントは % です。

以下に回答を載せていますが、まずはあなた自身で考えてみてください。html部分に1行ほど、JavaScript部分に3行ほどプログラミングするだけです。


どうですか?できましたか?
以下の回答とくらべてみてください。


【1】テキストエディタで以下のように入力し、ファイル名は「sample005.html」で適当な場所に保存してください。コピーして貼り付けてもかまいません。


<html>
  <head>
    <title>sample005</title>
    <script type="text/javascript">
      function Calc() {
        //変数の宣言
        var a;
        var b;
        var c;
        var ope;

        //フォームから値を取得
        a = parseInt(document.form1.txtA.value);
        b = parseInt(document.form1.txtB.value);
        ope = parseInt(document.form1.selOpe.value);

        //セレクトボックスによって処理を変える
        switch (ope) {
          case 1:
            c = a + b;
            break;
          case 2:
            c = a - b;
            break;
          case 3:
            c = a * b;
            break;
          case 4:
            c = a / b;
            break;
          case 5:
            c = a % b;
            break;
          default:
            break;
        }

        //計算結果を表示
        document.form1.txtC.value = c;
      }
    </script>
  </head>
  <body>
    <form name="form1">
      <INPUT TYPE="text" NAME="txtA">
      <select name="selOpe" size=1>
        <option value="1">+</option>
        <option value="2">−</option>
        <option value="3">×</option>
        <option value="4">÷</option>
        <option value="5">%</option>
      </select>
      <INPUT TYPE="text" NAME="txtB"> =
      <INPUT TYPE="text" NAME="txtC">
      <br>
      <input type="button" name="cmdCalc" value="計算" onclick="Calc()">
    </form>

  </body>
</html>



【2】保存したら sample005.html をダブルクリックしてWebブラウザで開きます。


【3】セレクトボックスで % が選択できるようになっていたら成功です。

javascript-9.gif


【4】テキストボックスに数字を入力し、余りが正しく計算されるか試してください。


【解説】
セレクトボックスに % が表示されていますが、やはり大事なのは value="5" の部分です。実際の計算はJavaScript の switch に5を選択したときの処理で行っています。

スポンサードリンク






JavaScript初心者入門講座TOPへ